ブログ

Home  /  ブログ

お昼休みのショー

NNT Admin : 3月 8, 2012 3:13 pm : ブログ

震災後1年が経過したいまでも、東北の学校では、授業の遅れを取り戻すため、忙しい毎日を送っています。そんな状況に合わせて、私は、お昼休みの時間にショーをすることがあります。先日、釜石市内の小学校で行われたお昼休みのショーでは、自由参加にも関わらず、全校生徒330人中270人の子ども達が観に来てくれました!

Leave a response »

釜石市内小学校 校長先生からの言葉 2012年2月

NNT Admin : 2月 29, 2012 2:49 pm : ブログ

子どもたちは、ガイさんの訪問をとっても楽しみに待っており、またガイさんと対面した時の子どもたちのきらきらした目が、とっても印象に残っています。通常の授業においても、これだけきらきらした目で受けてくれたらと思いました。ガイさんが、子どもたちや先生がたにポジティブな影響を与えていることに驚いています。ガイさんの再訪問を通して、子どもたちはおそらく彼のことを一生忘れないとでしょう。また、笑いは津波によって受けた心的外傷性のストレスを発散することを助けるのだと思います。    ニコニコ大使が与えた幸せの種は、子どもたちの中で強く健康に成長しています。これは、子どもたちがこの難しい時を生き抜くための助けとなり、さらに家族やコミュニティーおも元気にしてくれています。私は、ニコニコ大使のプログラムに強く感銘を受けており、また、ガイさんに再び会えることを望んでいます。

Leave a response »

フラフープと笑顔で東北の子どもたちに暖かさを届けました!

NNT Admin : 2月 24, 2012 3:21 pm : ブログ

ものすごい寒さにも関わらず、ニコニコ大使は2012年度3度目の東北を訪問し、

南は陸前高田から北は釜石まで、11の学校を訪問し、600人以上の子どもたちとふれ合ってきました!

今回の東北訪問では、フラフーパーのクリステン・マックウィリンがニコニコ大使の特別ゲストとして参加してくれました。

クリステンとSPiN祭り (www.spinmatsuri.com) のメンバーが、100以上のフラフープを作り、寄付してくださいました。

外で遊ぶのには寒すぎる東北の小学校の子どもたちにとって、室内でも遊べるフラフープは

素晴らしいギフトとなりました。

クリステン、SPiN祭りの皆様、本当にありがとうございました。

Leave a response »

復興釜石新聞にニコニコ大使が掲載されました

NNT Admin : 2月 12, 2012 4:16 pm : ブログ

訪問先や子どもたちの状況を考慮して、ショーやワークショップの内容は毎回アレンジしています。アートセラピーも取り入れ、自由に絵を描く遊びでは、子どもたちの創造性を引き出す工夫もしています。

2012年1月25日(水)の復興釜石新聞では、岩手県釜石市の保育園でのニコニコ大使の活動が掲載されました。復興釜石新聞は、釜石市内の公共施設で無料配布されている週二回発行の新聞です。

タイラー基金は、シャイン・オン!東北の子どもたちサポート・プログラムを通じて、継続的に被災地の子どもたちの心のケアを続けてきています。ニコニコ大使 ガエタノ・トタロは、「ガイさん」と呼ばれて子どもたちや地域に受け入れられてきました。

訪問先や子どもたちの状況を考慮して、ショーやワークショップの内容は毎回アレンジしています。アートセラピーも取り入れ、自由に絵を描く遊びでは、子どもたちの創造性を引き出す工夫もしています。

2012年1月25日(水)の復興釜石新聞では、岩手県釜石市の保育園でのニコニコ大使の活動が掲載されました。復興釜石新聞は、釜石市内の公共施設で無料配布されている週二回発行の新聞です。

Leave a response »

東海新報紙の新聞記事

NNT Admin : 11月 11, 2011 4:29 pm : ブログ

Leave a response »
« Page 1 »

Leave a Reply

パートナー